■ スーパーフラボノイド「ナリルチン」

じゃばらに大量に含まれる 抗アレルギー成分「ナリルチン」

 「花粉症に効果がある」ことで、注目を集めているじゃばらですが、じゃばらにはフラボノイドの一種である「ナリルチン」が豊富に含まれています。ナリルチンは、他の柑橘類にも含まれていますが、じゃばらは、どの柑橘類よりもはるかに多く含まれています。このナリルチンが花粉症などのアレルギー症状に効果があることがわかってきています。

■ 果皮に多く含まれる「ナリルチン」

果皮には果汁の13倍多く含まれている。特許製法で作られるじゃばら果皮粉末。

 
じゃばらに含まれるフラボノイド成分「ナリルチン」は、果汁より果皮に13倍も多く含まれています。ですから、花粉症等のアレルギーの症状の改善を期待するなら、じゃばらの果汁よりも果皮を加工したサプリメント等の加工食品で摂取する方がより効果的です。

じゃばらのナリルチン含有量(gあたり)